鹿児島の御茶碗屋つきの虫の毎日のお仕事

急須作りで避けて通れない形があります。可愛いだけじゃ物足りない奥深さです。


丸くて可愛い感じが人気あります
だから今も主流は
コレですが
(2008年の記事)


どうしてもやらねばならない急須があります

平丸形!

茶葉が自由に伸びやかに広がり、良質なお茶が抽出されるための最良の形です
((急須に湯を注ぐと、茶葉はすぐ底に沈み、ゆっくり湯を吸い込み、葉を広げていきます
底が狭い窮屈な急須の中では茶葉が広がりにくくお茶が抽出されにくいのです))

なので平丸形が最良の急須形状なのです



可愛く格好良く持ちやすく注ぎやすく洗いやすく・・・しずらい^^
c0015544_9594151.jpg


縦方向の寸法制限が大きい為、作りにくい茶漉し
c0015544_1011984.jpg


難しいです形です

お茶を淹れるのがたのしみです

今日素焼きします

急須でお茶を飲む方々が減っています
忙しい時にこそ、ほんの10分
ゆっくりとお茶を楽しみましょうよ


僕の場合
朝はお茶
午後はコーヒー
夜は焼酎
・・・









御茶碗屋つきの虫OFFICIAL SITEはこちら

http://tukinomusi.jimdo.com/

[PR]

by tukinomusi | 2012-04-27 10:22 | 作陶の話
<< ドルフィンポートで「紬を着た器... ご飯茶碗は大中小と揃えていたほ... >>