鹿児島の御茶碗屋つきの虫の毎日のお仕事

土が変わると、同じ作品でも雰囲気が変わります。人もその土地で雰囲気が変わるよね。


先日、日置瓦の粘土を紹介しましたが
同じ粘土を数人の鹿児島の陶芸家が使っています

大畠陶房さん
c0015544_12363981.jpg


七燃窯さん
http://shichizengama.chesuto.jp/
c0015544_12373124.jpg


そして
虫太郎は。。。?
c0015544_12381878.jpg

どんなふうに焼きあがるでしょうか

もちろん、土の調味料が違うし土の焼き方も違います。
わかっているのは
ごつごつして、手に痛そう^^

お楽しみに





2月・3月目白押しイベントの
御茶碗屋つきの虫OFFICIAL SITEはこちら

http://tukinomusi.jimdo.com/


虫太郎をフォローしましょう
[PR]

by tukinomusi | 2012-02-15 12:44 | 作陶の話
<< かごしまデザインフェア・デザイ... 「可愛い寂び」と勝手に名づけた... >>