鹿児島の御茶碗屋つきの虫の毎日のお仕事

<   2007年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧


防水剤でテンヤワンヤ(Ⅶ)

2社に
新昭和コート(CP-M6)
粋工社(液体セラミック)
電話にて、細かい話を伺いました。


簡単に要約して、検証してみます。
(全て、現在の日本の規格をクリアラインとしています。但し、メーカーとして安全であることを保障をするものでは有りません。将来、規格が変われば、生産中止もありえます・・・・・メーカー談・・・・苦笑^_^;)

防水剤浸透陶器の

1・常温使用・熱湯使用
問題有りません。(規格をクリアしています。)



2・電子レンジ使用(メーカー談)
液体セラミック・・・OK  :   CP-M6・・・NG

(液体セラミックは、電子レンジ沸騰水の溶出試験クリア)
(CP-M6は、使用できません)



3・オーブン使用(メーカー談)
液体セラミック・・・OK  :   CP-M6・・・NG

(液体セラミックは、700度素焼窯に置いても、性能確認試験クリア:溶出試験は未確認)
(CP-M6は、使用できません)


*両製品は耐熱性において、大きな差があるようです。
CP-M6は約180℃くらいのようです。その温度を越えると、シリコンは劣化してきます。
液体セラミックは700℃でも性能に変化なしの確認が取られています。1200℃本焼テストでは劣化したそうです。耐熱に自信有りのようです・・但し、700℃、1200℃とも溶出試験は行われていません)





4・原液の保存しやすさ
液体セラミック・・・水分の蒸発をさせないように、冷暗保存してもらえれば、保存劣化しません。
CP-M6・・・・・・・特に夏場、菌類に犯されやすく、劣化しやすい。早く使い切る必要が有ります。





5・性能
陶器原料により、防水性能は異なってきますので、検証できません。
(僕としては、効果やその持続性において、液体セラミックの方が優れているという印象です、詳しくは理解できませんが、浸透しやすさや、浸透後の反応の違いによる性能差のようです)


(余談ですが、両者ともに、防水性はあっても、醤油やお茶などと反応して、色変わりを起こす可能性もあるそうですよ)




さて、
液体セラミックの粋工社(すいこうしゃ)は大阪の会社です。
新昭和コートは岐阜県多治見市。

陶磁関係会社に鍛えられている新昭和コートさんの対応は、とても慎重で誠意あるものでした。
粋工社さんは、大阪っぽく、とても自信有りげに、製品の試験内容などを話されました。
どちらも、製品に対して、責任の重大性を理解しつつ、回答頂いたものと理解しています。
ありがとうございました。




僕の結論!!

液体セラミック(粋工社)・・・・・使えます。

CP-M6(新昭和コート)・・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ホントは、細かなところで、腑に落ちない点も有ります。
例えばレンジ・オーブンの使用において
CP-M6は、レンジー・オーブンのあらゆる使い方を想定したうえで、使わないで下さいと言いました。
逆に、
液体セラミックは、あらゆる場合を想定した試験を全てこなしているわけでは有りませんが、大丈夫ですと言いました。

食器は、いつ誰の手に渡り、どんな使い方をされるかわからない点において、
使えないものは、使えないので今の時点で結論を出すなら、僕の場合こうなります。

この記事は、製品を比較評価する意思で、書いたものでは有りません。
あくまで、安易な使用を考え直し、それぞれ皆さんが、自分で判断する一助になればと、推敲して来ました。
この件に関しました、間違っていると思われる点や、ご意見など有りましたら、ご指摘下さい。
今後とも、皆で、陶磁器を愛していきましょう(*^^)v






さて、白薩摩に、防水剤を使おうか・・・止めようか・・・。
・・・
少々クレームも来るけど・・・
やっぱり、僕は・・・・
[PR]

by tukinomusi | 2007-01-31 19:45 | 作陶の話 | Trackback | Comments(13)

防水剤でテンヤワンヤ(Ⅵ)

液体セラミック について また今日解った事を・・・少し。

液体セラミック とは 商品名  です。

種類は「シラン系混合物水溶液」となります。

主成分はアルカリ金属塩、シランモノマー・・です。

アルカリ金属は、モルタル、コンクリートなどの表層のアルカリ性回復に効果がある。
・・・そうです

シランモノマーとは、大別するとシリコンの一種です。
モルタル・コンクリート・陶磁器中の遊離アルカリ分(・・例えばCaOH3・・など)と反応し、
強固はシラノール結合を行い、
内部の空隙を疎水性無機質で、充填、吸着させ、
恒久的なシーリングと防水、防湿性をもたらす
・・・・。そうです。
この反応が、従来のシリコンレジンタイプとは、大きな違い・・だそうです。

今までの、シリコン系撥水剤と比較して、効果性能において、格段の差があるようです。

一度塗布することによって、つぎのような効果があるそうです。
防湿、防水性の向上
表面劣化の防止
カビや藻の発生を防ぐ
表面から内部へと硬化させる
耐熱、耐寒性を向上させる
陶磁器製品の貫入、空隙充填
打放しコンクリートの保護
・・・他・・



塗布面がぬれていたり、湿気があっても、水溶液であるため、
また適度な浸透圧で作業が可能 
だそうです。

恒久的効果の持続性が大きく経済的である。・・・そうです。

環境保全と安全性が大
(厚生省食品分析センター基準有害物質検査合格)
 ・・・だそうです。

簡単に言うと

液体セラミックとは、
劣化したモルタル、コンクリート、石材など、無機系素材の表層強度の回復と、
撥水性能、防水性能の付与、
に効果があるシラン、アルカリ金属塩の水溶液。
・・・だそうです。


あんまり詳しく書くと、・・・特許や著作権なども有りますので・・・。
(とまぁ、関係ないと思うけど,取扱店様に釘を差されました!!( ̄△ ̄;)エッ・マジ・?・・です)


かいつまんで、製品概要を抜粋しました。
内容は全然理解出来ません。
なので、ぜんぶ
・・・だそうです。
に、なってます(笑)

各種の性能試験が行われています。

今後茶碗屋としての疑問点を整理して、メーカーにぶつけてみます。

硝子やアルミに飛散すると、反応を起こして、除去することが困難になる。・・・そうで,
余分なところは?ただちに水洗いすること。・・・だそうです。

作業中?直射日光などで表面が50℃以上になる場合は、水をかけて冷やすこと。・・・だそうです。

主に太字部分は資料の文章で、細字は僕の追記部分です。

皆さんからも、何か知りたいことがあれば・・・コメントください。
[PR]

by tukinomusi | 2007-01-27 19:34 | 作陶の話 | Trackback | Comments(4)

暖かいですね

ほっと一息(*^^)v
c0015544_1041382.jpg

家内がブログにも書いてますが
しだれ梅が咲きそうです。きょうも昼間は暖かく、3月の気候とか・・・。
(朝は寒かったですよ・・)

昨日。しだれ・・を植えました。
c0015544_10445657.jpg

こっちは、まだまだです。


・・・で

大好きな珈琲の話。
こんな豆が手に入りました。
いかがですか?


・・・・で


きょうの朝、防水剤についた解った事・・(かあちゃんより)

茶碗がツルツルすべるぅーーー!!
テープや値段シールが全然はりつかないぃーーー!!

大問題だ!!!!<(`^´)> (笑)
[PR]

by tukinomusi | 2007-01-26 10:48 | たわいの無い話 | Trackback | Comments(6)

防水剤でテンヤワンヤ(Ⅴ)

疲れてきましたが・・・きょうまた解った事

液体セラミック

種類:シラン系混合物水溶液

有害性:アルカリ性のため、目、皮膚に触れたり、飲み込んだ場合には、刺激性有り。

物性:PH11.50
    沸点110度

取り扱いについて
   皮膚に触れないようゴム手袋などを着用する
   目に入らないよう保護眼鏡などを着用する

   危険・有害性の評価は必ずしも充分でないので、取り扱いには十分注意してください。



あるメーカーの液体セラミックのデーターシートの一部・・・です。



これは、作業上のデーターのようです。

硬化後の性状では無い・・・と思います。

沸点110℃・・・??
シラン系・・・とか言われても・・・チンプンカンプン。

CP-M6の場合

主成分:シリコンレンジ(珪素樹脂)の高分子乳化剤5%以下・水・その他

有害性:飲用してはならない
(米国FDA規格ポジチブリストでは低毒性で事実上無害レベルと確認)
     皮膚接触 陰性で刺激性ほとんど無し
     目、粘膜接触 若干刺激性を示す可能性有り

取り扱いについて
    酸、アルカリ、酸化剤接触回避
    熱気注意
    危険・有害性の評価は必ずしも充分でないので、取り扱いには十分注意してください。


その他

『厚生省告示第370号による食品、添加物など規格基準に適合』
一般規格(使用温度区分100度以下)に準じて試験した。
但し材質試験では
ホットプレート上(95℃)約4時間加熱した物を試料とした
・・・とあります。

又、製品資料には・・
乾燥処理後の電子レンジおよびオーブンを掛けた場合の効果は、多孔質の土の問題などが有りますので、あらかじめ試験をして、ご確認下さい。

有毒有害性については、事実上無害レベルなものであることが確認されています。

この製品は・・・安全性に重点を置き・・・公的試験において、限度以下に収まるものですが、必ず、貴社にてその安全性を事前にご試験ご確認の上、ご使用下さい・・・。 
 


ということで、
いろいろ、書いて有りました。

ちなみに、
CP-M6の当窯テストでは
オーブン230℃15分加熱OK。
電子レンジ95℃温め加熱OK。  
目視外観上、性能の劣化(撥水性能)や変質などは見られず。

(但し、テスト回数1回)
です。
但し、有毒ガスなどの発生や溶出は不明。(上記文面から、無いものと思われますが)
まだ検討の余地有り・・です。


まだまだよく解りません。

陶器を愛する人々よ・・・何を求めますか^_^;。
[PR]

by tukinomusi | 2007-01-25 15:13 | 作陶の話 | Trackback | Comments(11)

防水剤でテンヤワンヤ(Ⅳ)

今日は、

先日の

CP-M6であれば
『厚生省告示第370号による食品、添加物など規格基準に適合』

液体セラミックであれば
『厚生省令第69号による水道水法水質基準に適合』

を少しお勉強^_^;


厚生省告示第370号
ですが、難しいので、少しかいつまむと
合成樹脂製の器具又は容器包装の規格試験(PDFファイル)
に合格しているということらしい。

60℃・30分溶出試験OK!

使用温度が100度を越える場合の95℃・30分溶出試験は・・・実施されているか不明
・・・
なんで、使用温度が100度を越える場合のテストが
・・・95℃なんだろう??
どうも、使用条件が、あまいような気がするです。


厚生省令第69号
こういうことらしい。

液体セラミックは飲んでも大丈夫ってことだ。
(⌒▽⌒;) オッドロキー
でも・・・これでは・・・耐久性が・・全然わからんです!!



昔、プレジャーボートの設計をしていたとき
搭載する機器の、振動試験や対候試験など・・・いろいろ経験しました。
そんな仕事に見切りを付けて、焼き物の世界に入ったんだけど、
やっぱり、プロとしての物作りはどんなものでも品質問題からは逃げることは出来ないようです。

ホントはテゲテゲを期待してこの世界に来たんだけど・・・^_^;

茶碗屋の世界も・・・厳しいね!!!
[PR]

by tukinomusi | 2007-01-24 13:28 | 作陶の話 | Trackback | Comments(4)

防水剤でテンヤワンヤ(Ⅲ)

きょう、ちょっとわかった事。

ある取扱店から、ご返答いただいた内容の一部です。



水漏れ防止剤を使用した陶器を、そのままの状態で検査した際に
CP-M6であれば
『厚生省告示第370号による食品、添加物など規格基準に適合』

液体セラミックであれば
『厚生省令第69号による水道水法水質基準に適合』
しています。

各メーカーともそれぞれの基準に適合す
る事で食器などに使用する事にたいして安全性を満たしていると
判断しているようです。
実際に財団法人日本食品分析センターに
おいて試験を受け、承認もされています。



中身は、まだ、解りません。(*゜.゜)ゞポリポリ

でも、
水漏れ防止剤を使用した陶器を、

そのままの状態で検査した際に

適合している。・・・という点が引っかかります。

そのままの状態・・・のみ・・・???

いろんな使われ方は、考慮されて無い・・・?

ココから先、耐熱性や耐久性、耐熱を越えた場合の変質など、・・・
それを確認や試験をする責任は・・・
どうやら、食器製造メーカーにあると言うのです。
つまり、僕たちに、その責任がある。
らしいのです。
果たして、そうなのかしら?

まぁ。
ユーザーのあらゆる使用方法や陶器材料の違いまで考えて試験していたら大変なので、
そこまでは保障しない、責任は持たない、ということみたいです。
防水剤メーカーさんの気持ちも良く解ります・・・・。
でも、やっぱ、なんか無責任な気もします。

大手食器メーカーさんは、各種試験を独自に実施しているらしいです。(ホントかなぁ?)

じゃあ、僕たちはどうやって確認を取ればいいのでしょう?
大手が使ってる同じ防水剤を調べて使えばいい(笑)・・・?


防水剤メーカーが持つ、そこらの考え方や、せめて基本的な試験データーが出てくれば、いいのですが・・・。

引き続き・・・進捗中・・・です。


でも、確信を持って使える日・・・が・・・来るかも・・・(^_^;)
[PR]

by tukinomusi | 2007-01-23 18:24 | 作陶の話 | Trackback | Comments(2)

防水剤を使えば・・安心・・(‥ )ン?

ピンボケ・・・(笑) これ、新作です。
c0015544_16162790.jpg

「枯山水」 □17センチ 2100円
陶土:白薩摩(仁清土系統です)
釉薬:マット釉
日本庭園の枯山水をイメージしています。
・・・
白薩摩特有の貫入は有りません。
なので
醤油を掛けても、すぐによごれることはないです。
でも、使ってるうちに、少しずつだんだんと、油よごれなどがついてきます。
マットなので、ツルツルより、汚れがつきやすいようです。
もちろん、防水剤を使えば・・・安心・・・??!!!
・・・
お客さんっ!
防水剤有りを買う?
防水剤なしを買う?
・・・
少しずつ、防水剤の資料が集まりそうですよ。(*^^)v
[PR]

by tukinomusi | 2007-01-22 16:39 | 作陶の話 | Trackback | Comments(3)

防水剤でテンヤワンヤ(Ⅱ)

お世話になります。

前回の記事「防水剤でテンヤワンヤ」
にコメントいただいた
上名窯さん
たかのさん
POTTERさん
也月さん
ハプーさん
ウッキーさん
ありがとう。

なんだか、食品関係のメーカーや報道機関の不祥事が続いてて、
食器製造販売のプロとして、僕たちも気を引き締めねばならんところです!!

で、いろいろ考えると、難しい製造物責任問題になってきますので
もっと単純に考えて見ました。

要するに、僕たち茶碗屋は、安全性に確信の持てない防水剤を使ってはいけないのです。
(ねっ、簡単明瞭あたりまえ(*^^)v)
で、
どうすれば安全性に確信が持てるのか?
・・・
以下の質問に答えてくれるメーカーおよびショップの防水剤なら確信を持ってもよい!!!
ということだと考えました。


質問。。。。。

食器用防水剤についてご回答お願いします。

防水剤および液体セラミックの

製造メーカー
構成成分
塗膜性能及び耐久性試験結果
例えば
(耐候性 耐酸性 耐アルカリ性 耐熱温度 付着性 耐摩耗性 透水性 硬度 PH 膜厚・・
・)
 
など、公表いただけますでしょうか?

昨今、食に対する安全性が注目を浴びています。
食器においても、いい加減な防水剤製品を使う事は出来ません。

例えば、簡単に言えば
防水剤を塗った食器は、オーブンで変質を起こさないか?
電子レンジや熱湯では、変質を起こさないか?
土鍋に使うとどうなるか?
構成成分は何か?
耐久性は・・・・耐熱性は・・・対候性は・・・・対磨耗性は・・・
私たちはいろんな食器の使用方法に注意し、消費者に責任をおっています。
当然、取り扱い説明も必要です。
液体セラミックや防水剤の正体がよくわからないまま使う事は出来ません。

お手数をおかけしますが、
御社扱いの液体セラミックや防水剤について、詳しい資料をお送り頂けないでしょうか?
よろしくお願いします。


。。。。。。。。。。。。。。。。

上記文面で、
で、いくつかのショップ、取り扱い店、に問い合わせてみました。

ご返答をお待ちしています。m(__)m

。。。。。。。。。。。。。。。


さて、防水剤。
ホントはとっても安全で、すごくいい物かもしれません。
でも、今は、確信が持てません。
いい物だったらいいのになーーー!!!
期待したいと思います。

皆さんも、お近くのショップなどに問い合わせて見て下さい。
[PR]

by tukinomusi | 2007-01-22 09:38 | Trackback | Comments(2)

防水剤でテンヤワンヤ(笑)


「新春豆皿・小皿がいっぱい展」

始まってるよーーー!



で、ココからは、まじめな話。

皆さん、ご存知の方、教えてください。

新昭和コート・CP-M6(水性防水剤)

これについての質問。
1・防水剤を浸透させた急須に、熱湯(100℃)を入れても、防水剤は劣化・変質は起こさないのでしょうか?

2・浸透させた食器を電子レンジで使用した場合、防水剤は劣化・変質は起こさないのでしょうか?

3・浸透させた食器をオーブン(300℃・1時間・・)で使用した場合、防水剤は劣化・変質は起こさないのでしょうか?

4・浸透させた土鍋は、使用可能でしょうか?


5・CPーM6はシリコン系の防水剤ですか?

6・最近、ちょっと高価な、液体セラミックをよく見るのですが、他の防水剤とどのような違いがあるのでしょうか?


いろいろ、新昭和コートさんにネットで問い合わせても、返答がきません。<(`^´)>


防水剤について、どなたか、上記の点において、教えていただけないでしょうか?

よろしくお願いしますm(__)m」


ところで、防水剤は、その使用には、賛否がわかれるところです。

現代は、食器の汚れを嫌う方が多く、そのため、これを使う陶芸家も多いようです。

鹿児島でも、白薩摩の貫入よごれ防止に、使う方が多いです。

水をはじく感じが、陶器らしさを損なったりしますが、
よごれの浸透を多少でも遅らせられれば、悪くはないとも思っています。

皆さんは、どのようなご意見をお持ちでしょうか??

また、食器用にお勧めの防水剤はご存知ですか?



ということで、ホントは、土物の雨漏り手だよ・・なんて感じで、おおらかにいきたいところですが・・・・・
ネ(*^^)v。
[PR]

by tukinomusi | 2007-01-20 14:11 | 作陶の話 | Trackback | Comments(15)

送り出した我が子の写真

c0015544_13433360.jpg
c0015544_1344781.jpg

広島より。
もみじまんじゅうさんから頂いた写真。
上は、虫太郎の「すすきとつきの皿」
下は、シキコさんの「足つきツノ文の皿」
シキコさんの写真は無断使用です。名前も勝手に付けました^_^;ゴメン)
個性の違いが楽しい。
上は「蛸のピリ辛揚げ」で下は「しまあじ、鯛、サヨリ、太刀魚、雲丹」
焼酎がないのが残念だ(*^^)v
もみじまんじゅうさん、紫陽花さん。ありがとう。
どうぞ、我が子達をよろしくお願いしますm(__)m

PS
上の写真のテーブルクロスの蓮根模様は「かまわぬ」さんのてぬぐいですか?
僕と家内は、かまわぬファンです。
[PR]

by tukinomusi | 2007-01-15 14:03 | 作品話 | Trackback | Comments(7)