「ほっ」と。キャンペーン

鹿児島の御茶碗屋つきの虫の毎日のお仕事

カテゴリ:歌を詠む( 20 )


炭火入れ

c0015544_1803323.jpg



     火   ば   炭
     に   ぁ   香
     み   ち   り
     い   ゃ    
     り   ん   
         ち  
         だ    
         ね
         と
  






昨日方は寒くて、店に今年の初炭が入りました。
c0015544_1833752.jpg



     ツ   つ   
     ン   い   
     ツ   つ  
     ン   い    
     遊   い   
虫    び   ら  
太        ぬ    
郎         
         
  









でも、今日はとっても暖かくて、火は入れてません。
ちょっと残念です。(^ー^* )フフ♪
[PR]

by tukinomusi | 2006-11-19 18:16 | 歌を詠む | Trackback | Comments(7)

りんご箱



     ふ   り   つ
     る   ん   み
     さ   ゴ   あ
     と   箱   げ
虫    香   か   て 
太    る   ら  
郎            

  


この頃、八百屋さんにたくさんのりんごが並んでいます。
無理を言って、りんご箱をもらってきました。
お茶碗を運ぶのに、ちょうどよい箱です。
まだ、かすかにりんごの香りがしました。

c0015544_18505640.jpg


今、窯を焚いてます。
風が強く、低いエントツから、風が窯の中に吹き返します。
還元が強くかかっているようです。が、風がやむと、トントンと温度が上がります。
それで、いつもより、温度のあがりが早いようです。
灯油の流量が多いような気がします。
目安の焼成曲線にあわせるために、バルブやダンパーをこねくり回すべきか?
それとも、窯と風の自然な成り行きにまかすべきか?
どちらが正解なのでしょうか?
・・・
もう少しホットイテ見ます。(ーー;)
[PR]

by tukinomusi | 2006-11-18 18:51 | 歌を詠む | Trackback | Comments(4)

時無情


     追   満   満
     い   ち   つ
     ま   た   月
     わ   り   を
虫    す   ぬ   
太        月  
郎            

  


月は心・・・

ちまちま人生 お題 - 十五夜・月 -  にTB

のうてんきでは足りない・・・
考えすぎるとしんどい・・・
テゲテゲでは大ヒンシュク・・・

エネルギーを月から頂かねば・・・!!!

10月6日 「十五夜の窯」 展示会計画中 お楽しみに・・・。
[PR]

by tukinomusi | 2006-09-13 20:06 | 歌を詠む | Trackback | Comments(10)

花火大会


     花   二   あ
     火   階   か
     展   の   り
         窓   消
虫        で   し
太          
郎            

  


昨晩は、この辺の花火大会でした。
二階は、仕掛け花火が見えないだけで、打ち上げ花火はとってもよく見えます。
家族みんな、その二階から、ゆっくり楽しみました。

ちまちま人生花火の句にTB
[PR]

by tukinomusi | 2006-08-13 09:58 | 歌を詠む | Trackback | Comments(4)

待ち遠しいよ~。


     そ   そ   教
     と   ば   室
     を   ち   の
     み    ょ
     て   こ
虫    る   五
太        つ
郎      

[PR]

by tukinomusi | 2006-07-30 19:59 | 歌を詠む | Trackback | Comments(2)

すなおに・・・



     あ   い   て
     り   つ   れ
     が   も   く
     と   の   さ 
虫        こ   い
太        と   よ
郎        に   ね

  

[PR]

by tukinomusi | 2006-07-29 19:02 | 歌を詠む | Trackback | Comments(7)

コーヒー豆の甘いわな


焙煎の 色香に惑い 海にとぶ




珈琲豆の白い肌
火に焼くほどに
小麦色となり
甘い香りが漂いはじめる
海にいきたいなあ
空想が
海まで
飛んだ



アイスコーヒーにあわせ
いつもより
ちょっと深煎りにしました。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


今日も、さえらさんから、すてきなレシピをいただきました。

コーヒー豆を焙煎しながら、空想が海へと飛んでいった虫太郎さんの
記憶の筋道が、とっても興味深いです。



  珈琲を煎り色香濃く 海を聞き
  (さえら)


香りゆたかなコーヒータイム、どこからともなく海が呼んでいる声が
聞こえてきたという感じでしょうか。
焙煎していく過程で、コーヒー豆に、「色香」という艶っぽさをみた
虫太郎さんの目線を生かしてみました。

                            さえら


海の傍で
海の声を
き・き・た・い。
な。
[PR]

by tukinomusi | 2006-07-14 19:12 | 歌を詠む | Trackback | Comments(2)

げんきげんき


おなかの中を


こっそりのぞいたら


おなかの虫がおこった


ぐーぐーぐるぐるぐる!!


あいたたたたぁっ!


ごめんごめん





今日は内視鏡検診でした。
今は・・・
大丈夫
だって・・・さ。




おこりんぼ おなかの虫に アイスクリン




腹の虫が
ちょっと
笑った。  「ぷっ」
[PR]

by tukinomusi | 2006-07-13 17:26 | 歌を詠む | Trackback | Comments(0)

地球人へ(自分へ)!

雷鳴よ 川面の渦よ せを洗え

昨夜、ここ鹿児島は
雷や大雨で、大変でした。

この雨が
瀬を洗うだけじゃなしに、
世も洗って行けばいいのに
私の背(裏側)も洗っていけ(笑)

いろんな禍(隣国や隣人や自分自身の)を 
流しさってくれたらいいのに。

ガンバレ地球人!!

:::::::::::::::::::::::::::::::::::

今朝(7月8日)は、雨が上がり、青空ものぞいてます。
台風が去れば、梅雨明けでしょうか?

とどろきも せせらぎとなり 川青く

水害などの被害に合われた方に、
エールとなれば、いいのですが!!
[PR]

by tukinomusi | 2006-07-07 19:22 | 歌を詠む | Trackback | Comments(2)

息子へ!!


深緑に うもれし花よ だだ紅く



息子が、ちょっと、がんばりました。
山の草にうもれた紅い花が、彼とダブって、ちょっとウルッっと来てしまいました。
どんな頑張りか?
かあちゃんが書いています。
ぜひ、読んで見て下さい。

最後の試合

-------------------------------------

さえらさんから、素敵な歌とコメントをいただいたので、紹介します。

虫太郎さんの今回の句、とてもすてきだと思います。
紅い花をみつけたときの気づきが伝わってきました。

わたしは、その紅い花を、凛としたすがたに
描いたほうがよういのではないかと感じました。


深緑に 一輪が 潔く


わたしは、じっさいにその花が咲いている光景を目
にしたわけではないので、なんともいえませんが、
こんなイメージが、わたしのあたまにうかびました。

                       さえら


私の男気的ガサツな歌と、
さえらさんの細やかな、凛とした優しさと強さがスーっと入ってくる歌。
私の茶碗に足りないものも、ここに有るような気がしました。
ありがとうございました。
[PR]

by tukinomusi | 2006-07-06 19:17 | 歌を詠む | Trackback | Comments(6)