鹿児島の御茶碗屋つきの虫の毎日のお仕事

防水剤でテンヤワンヤ(Ⅶ)

2社に
新昭和コート(CP-M6)
粋工社(液体セラミック)
電話にて、細かい話を伺いました。


簡単に要約して、検証してみます。
(全て、現在の日本の規格をクリアラインとしています。但し、メーカーとして安全であることを保障をするものでは有りません。将来、規格が変われば、生産中止もありえます・・・・・メーカー談・・・・苦笑^_^;)

防水剤浸透陶器の

1・常温使用・熱湯使用
問題有りません。(規格をクリアしています。)



2・電子レンジ使用(メーカー談)
液体セラミック・・・OK  :   CP-M6・・・NG

(液体セラミックは、電子レンジ沸騰水の溶出試験クリア)
(CP-M6は、使用できません)



3・オーブン使用(メーカー談)
液体セラミック・・・OK  :   CP-M6・・・NG

(液体セラミックは、700度素焼窯に置いても、性能確認試験クリア:溶出試験は未確認)
(CP-M6は、使用できません)


*両製品は耐熱性において、大きな差があるようです。
CP-M6は約180℃くらいのようです。その温度を越えると、シリコンは劣化してきます。
液体セラミックは700℃でも性能に変化なしの確認が取られています。1200℃本焼テストでは劣化したそうです。耐熱に自信有りのようです・・但し、700℃、1200℃とも溶出試験は行われていません)





4・原液の保存しやすさ
液体セラミック・・・水分の蒸発をさせないように、冷暗保存してもらえれば、保存劣化しません。
CP-M6・・・・・・・特に夏場、菌類に犯されやすく、劣化しやすい。早く使い切る必要が有ります。





5・性能
陶器原料により、防水性能は異なってきますので、検証できません。
(僕としては、効果やその持続性において、液体セラミックの方が優れているという印象です、詳しくは理解できませんが、浸透しやすさや、浸透後の反応の違いによる性能差のようです)


(余談ですが、両者ともに、防水性はあっても、醤油やお茶などと反応して、色変わりを起こす可能性もあるそうですよ)




さて、
液体セラミックの粋工社(すいこうしゃ)は大阪の会社です。
新昭和コートは岐阜県多治見市。

陶磁関係会社に鍛えられている新昭和コートさんの対応は、とても慎重で誠意あるものでした。
粋工社さんは、大阪っぽく、とても自信有りげに、製品の試験内容などを話されました。
どちらも、製品に対して、責任の重大性を理解しつつ、回答頂いたものと理解しています。
ありがとうございました。




僕の結論!!

液体セラミック(粋工社)・・・・・使えます。

CP-M6(新昭和コート)・・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ホントは、細かなところで、腑に落ちない点も有ります。
例えばレンジ・オーブンの使用において
CP-M6は、レンジー・オーブンのあらゆる使い方を想定したうえで、使わないで下さいと言いました。
逆に、
液体セラミックは、あらゆる場合を想定した試験を全てこなしているわけでは有りませんが、大丈夫ですと言いました。

食器は、いつ誰の手に渡り、どんな使い方をされるかわからない点において、
使えないものは、使えないので今の時点で結論を出すなら、僕の場合こうなります。

この記事は、製品を比較評価する意思で、書いたものでは有りません。
あくまで、安易な使用を考え直し、それぞれ皆さんが、自分で判断する一助になればと、推敲して来ました。
この件に関しました、間違っていると思われる点や、ご意見など有りましたら、ご指摘下さい。
今後とも、皆で、陶磁器を愛していきましょう(*^^)v






さて、白薩摩に、防水剤を使おうか・・・止めようか・・・。
・・・
少々クレームも来るけど・・・
やっぱり、僕は・・・・
[PR]

by tukinomusi | 2007-01-31 19:45 | 作陶の話 | Trackback | Comments(13)
トラックバックURL : http://tukinomusi.exblog.jp/tb/5409299
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by あみろく at 2007-01-31 23:13 x
こんばんは!
使用する側において・・・安易な使用を考え直します。
そして自分なりに陶磁器を愛して行きますね^^

フェスタでは失礼致しました。
3月に「方向かなり音痴3人組」で虫さんとこ予定しております。幸い、しきたんのところから35分で行けるとのことで、なんか嬉しいです!

Commented by Potter-Y at 2007-01-31 23:57
徹底して調べていただき、ありがとうございます!!!
液体セラミック、予想以上に使えそうな製品ですね。
とはいえ何でも安易にセラミックで防水しちゃえばいい、ではなく、
それが必要ない製品をつくる努力を怠らないようにしたいものです。
Commented by ハプー at 2007-02-01 06:03 x
ごくろうさまでした♪粋工舎への電話 ぼくの時オバサンでしたが自信たっぷりでした♪あ こないだ報告した小鉢ねー 5個あってそのうちの2個をきのう素焼きして←完全にサラの状態にもどすため 今朝(1/31)液体セラミックをかけまわしましたが 水よりもはるかに浸み込んでいきますね 浸透性が目視できる ほんでその2個を 片方は食材入れてオーブンで焼いて見ます あとの一個は通常使用 ほかの3個は水止めなし うち一個はオーブン加熱で黒ずみがすでにキツイ はいこの5個を 半年1年できるだけ使ってヨース見ますね♪しかしこれは 溶出検査ではない 黒ずみシロート実験の 印象スケッチですけどね♪ ぼくの結論 やっぱり液体セラミックはすんごくイイもん 無貫入が原則のうちの品も ピンホールはこれで浸み込み防止するかも うちは土瓶急須はつくりませんが 水キレ力アップに強い味方 虫さんのオカゲで安全確認ができてほんとによかったと思います♪ 多謝
Commented by 虫太郎 at 2007-02-01 09:48 x
>あみろくさん
首をながーくして待ってます。気軽に寄ってくださいね!
シキコさんも、引っ張っておいで!!!
Commented by 虫太郎 at 2007-02-01 09:55 x
>POTTERさん
溶出試験など、まだ、足らないと要望したところ、随時考えていくとの事でした。ドンドンわれわれの業界から、要望を出していくことが大事な事のように思いました。
Commented by 虫太郎 at 2007-02-01 10:20 x
>ハプーさん
「虫さんのオカゲで安全確認ができてほんとによかったと思います♪ 」
と言うのは、ちょっと違うかも(^_^;)
メーカーみたいないい方になるけど、安全確認は・・・自分で責任もってしてね♪^_^;
電話では、まだまだ裏話が有ります。「どこそこでは、うちの不買運動めいた事が起きてる・・・」とか「でも、こっちでは、うちのがいっぱい使われている・・・」とか「あれはよく調べてください・・」とか・・・。
で、試験データーを要求すると・・・「それはしていない」とか
でも、国の規格は満たしている・・・けど・・・それは・・・安全への保障ではない・・・とか・・・
規格をクリアしても、規格を作った国は、それを満たしても保障はしないそうで・・・だから・・・メーカーも保障しない・・・僕たちは保障のない製品を買わされる・・・。責任は、それを選んだ僕たち!!!??
おかしいよね!作ったんなら、責任持とうよ。メーカーさん。
・・・
(〟-_・)ン?熱くなっちゃった・・?

僕は、半信半疑なところが、まだ、有ります。
引き続き、高温、直火などの溶出試験を要望したいと思います。
Commented by ハプー at 2007-02-02 05:38 x
あ おっしゃるとーりです♪ 虫さんのご努力のおかげで いろんなコトの構図があぶりだされて感謝です と云うべきでした。 裏話も良く分かる 大変なご努力 頭がさがります。 で 結局ふりだしにもどる と思うんですねー。
だれかがナニかを するor作る←個人の自由の追求←絶対善 が 野放しはマズイんで 国が法=ルールで規制する または 商業道徳や職業倫理で自主規制を促す これは法ではなくマナーの領域 これらすべて「大衆のキブン」が鍵になってるみたいです。ぼくはにわかに民衆を信じない ぼくのキブンとしては・・・アホの作った基準にはしたがいたくない ってところですー♪ 保障のない製品を買う 作る 売る=この保障の意味の範囲をストリクトに解釈するか 現実的にルーズに解釈して幅をもたせるか・・・それぞれ自由 個人の判断にゆだねられてる♪ やきもんor美術工芸品=器or作品 は美術的要のある家内制手工業の生産物 なにを保障してるか非常にアイマイ←しかたないこと大昔からの仕事やから・・・・ふりだしにもどる ループ 解けることの無いメビウスの輪♪ 
Commented by 虫太郎 at 2007-02-02 09:30 x
>ハプーさん
たくさんのコメントありがとう。
僕もいっぱい学ばせてもらいました。
東京ドーム!がんばって、楽しんで、いっぱい売ってくださいね。
オーブン試験など、又、お知らせ下さい。
ループにはまりつつ、少しずつでも、変わって行こうと思います。
Commented by おおるりこ at 2007-06-30 23:53 x
液体セラミック・M6 ともに、食器に使用した場合有毒ということはないのでしょうか?
Commented by 虫太郎 at 2007-07-01 09:27 x
>おおるりこさん
どちらも、常温で使用するだけなら、有毒物のの溶出はありません。
レンジやオーブンで高温を浴びせられた場合、両者は違ってきます。
M6のメーカーは、レンジやオーブンの使用を禁止しています。
液セラのメーカーは大丈夫だと、言っています。
それを信じるなら、食器用として使うなら、液セラを使ったほうがいいと思います・・・。
Commented by おおるりこ at 2007-07-09 22:25 x
ありがとうございます。参考にします。
Commented by わかさま陶芸 at 2009-01-05 23:22 x
ありがとうございました。
液体セラミックについて、大変参考になりました。
Commented by 虫太郎 at 2009-01-12 19:23 x
>わかさま陶芸様
いえいえどういたしまして。。。
どうぞ、技術は進歩しております。一年もたつと、まったく違い事も・・・
どうぞ、今一度ご自身でもお調べください。
<< 空も・・雪 防水剤でテンヤワンヤ(Ⅵ) >>