鹿児島の御茶碗屋つきの虫の毎日のお仕事

防水剤でテンヤワンヤ(Ⅵ)

液体セラミック について また今日解った事を・・・少し。

液体セラミック とは 商品名  です。

種類は「シラン系混合物水溶液」となります。

主成分はアルカリ金属塩、シランモノマー・・です。

アルカリ金属は、モルタル、コンクリートなどの表層のアルカリ性回復に効果がある。
・・・そうです

シランモノマーとは、大別するとシリコンの一種です。
モルタル・コンクリート・陶磁器中の遊離アルカリ分(・・例えばCaOH3・・など)と反応し、
強固はシラノール結合を行い、
内部の空隙を疎水性無機質で、充填、吸着させ、
恒久的なシーリングと防水、防湿性をもたらす
・・・・。そうです。
この反応が、従来のシリコンレジンタイプとは、大きな違い・・だそうです。

今までの、シリコン系撥水剤と比較して、効果性能において、格段の差があるようです。

一度塗布することによって、つぎのような効果があるそうです。
防湿、防水性の向上
表面劣化の防止
カビや藻の発生を防ぐ
表面から内部へと硬化させる
耐熱、耐寒性を向上させる
陶磁器製品の貫入、空隙充填
打放しコンクリートの保護
・・・他・・



塗布面がぬれていたり、湿気があっても、水溶液であるため、
また適度な浸透圧で作業が可能 
だそうです。

恒久的効果の持続性が大きく経済的である。・・・そうです。

環境保全と安全性が大
(厚生省食品分析センター基準有害物質検査合格)
 ・・・だそうです。

簡単に言うと

液体セラミックとは、
劣化したモルタル、コンクリート、石材など、無機系素材の表層強度の回復と、
撥水性能、防水性能の付与、
に効果があるシラン、アルカリ金属塩の水溶液。
・・・だそうです。


あんまり詳しく書くと、・・・特許や著作権なども有りますので・・・。
(とまぁ、関係ないと思うけど,取扱店様に釘を差されました!!( ̄△ ̄;)エッ・マジ・?・・です)


かいつまんで、製品概要を抜粋しました。
内容は全然理解出来ません。
なので、ぜんぶ
・・・だそうです。
に、なってます(笑)

各種の性能試験が行われています。

今後茶碗屋としての疑問点を整理して、メーカーにぶつけてみます。

硝子やアルミに飛散すると、反応を起こして、除去することが困難になる。・・・そうで,
余分なところは?ただちに水洗いすること。・・・だそうです。

作業中?直射日光などで表面が50℃以上になる場合は、水をかけて冷やすこと。・・・だそうです。

主に太字部分は資料の文章で、細字は僕の追記部分です。

皆さんからも、何か知りたいことがあれば・・・コメントください。
[PR]

by tukinomusi | 2007-01-27 19:34 | 作陶の話 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://tukinomusi.exblog.jp/tb/5378571
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ハプー at 2007-01-27 21:10 x
マジメに 真摯に もちめてくださっての ご報告 多謝 頭が下がります♪

で 虫さん 

液体セラミックに対する 
主体的な=ご自身としての判断 評価は どーなんですか?

ぼくは 液体セラミック すんばらしいモンなんやぁ   とぞおぼえしか

なんですけど・・・・・・

ほかのみなさんは どう 思われますか?


    

Commented by 虫太郎 at 2007-01-28 09:31 x
>ハプーさん
・僕としてのとしての最終判断・・・は、まだ、出来ません。(^_^;)
来週、メーカーさんと話をしたいと思ってます。
その後、・・決めます。
 
簡単に言うと、
液体セラミックと言うけど、シリコンです。
で、今までのシリコン系防水剤より、数段、性能がいい。
開発の主目的は、モルタルやコンクリートの耐久性アップであった。
そのため、試験は対候性に重きが置かれ、高温に対する、耐熱性試験などは行われていません。
試験は行われていなくても、メーカー技術部や品質管理部の、製品に対する物性情報があると思いますので、そこらを聞いて、
再度、自分でテストをして、・・・
という手順を踏んで・・・判断します。
その間、皆さんから、そんなことしなくていいよ・・なんてGOOD情報があれば・・・よろしく!!。
Commented by Potter-Y at 2007-01-30 23:32
お世話さまです!
少なくとも常温で使用している場合は無害、ということなんでしょうか。
50℃以上になる場合は冷やす、となると温度には敏感なようですね。
今後ともよろしくお願いしますね。
Commented by 虫太郎 at 2007-01-31 12:34 x
>potterさん
そうです、常温での試験は、多く行われていて、大丈夫だと思われます。
50℃というのは、塗布作業中のことだと思われます。
平たく言うと
「茶碗が熱いとき日は、塗布しないで下さい」
ということのようです。
「ジュッ!!」ってなるからじゃないかねぁ(^_^;)
<< 防水剤でテンヤワンヤ(Ⅶ) 暖かいですね >>