鹿児島の御茶碗屋つきの虫の毎日のお仕事

炭焼きの臭いとオヤジの想い

c0015544_6552335.jpg
おいらのオヤジは70歳!
炭焼じいさんである。



樫木を探して歩き、頼んで切らせてもらい、運んで割って、窯に詰める。
1メートルくらいの長さの樫木を手ごろな太さに割るテクは絶賛!
この炭窯も手作り。数年前の元旦に家族総出で作った窯。
c0015544_659469.jpg



焼きあがると、木の量は1/3位になってしまう。
それでも、キンキン鳴る炭が出来上がると、嬉しそうに笑う。
c0015544_72238.jpg



c0015544_74913.jpg
木酢液も取っている。
これが、その装置。


炭も液も安く提供している。
もとは取れていない!
退職金を多くつぎ込んだ生きがい!


ところが、焚けなくなってしまった。
窯焚きのにおいにクレームが付いた。
近くのオッチャンがすごい剣幕で怒鳴り込んできた。
もちろん、昔からよく知った仲である。
田舎ではあるが、部落の中心部近くに窯がある。
迷惑を掛けたのは間違いないが・・・。
怒鳴り込んできたオッチャンもいい年だ。その言い方がひどい。
お袋がかわいそうである。オヤジはそんな事には打たれ強いが・・・!
いま、みんな、臭いにうるさい。
ファブリーズなるものが、大流行。
おいらが子供の頃、たいていの家に牛がいた。ポットン便所だった。
いろんな臭いがあった。
臭いけしに、炭を使うくせに、炭を作る臭いはダメときた。
ここも(仕事場)臭い・・・(笑)
・・・・
炭窯つくりのノウハウと炭焼きのテクニックを無くしたくない。
いま、おいらの仕事場に作れないか、考えている。
茶碗窯。パン窯。炭焼き窯。全部揃えば面白い!!!
ここも文句が出るかなー?
世知辛い田舎は、都会より住みにくい?!

フレーフレー70歳じいじばあば!これからこれから!
[PR]

by tukinomusi | 2005-04-21 07:50 | たわいの無い話 | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://tukinomusi.exblog.jp/tb/1555859
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by まる at 2005-04-21 08:30 x
かごんまは、むかしっから、良くも悪くも「ぎぃはい(どんな漢字だろう?)」にはやかましい土地柄ですもんねぇ。でも、田舎暮らしには都会にはない大切なものがいくらでも残ってますよ (━ ━)トオイ目
Commented by hashibamig at 2005-04-21 08:38
フレーッ!フレーッ!
Commented by ukky_tg at 2005-04-21 10:55
フレーッ!フレーッ!
Commented by chetar at 2005-04-21 12:40
フレーッ!フレーッ!
Commented by pinkbloom at 2005-04-21 14:20
フレーッ!フレーッ!
Commented by yakimono.takano at 2005-04-21 21:42
フレーッ!フレーッ!
Commented by garouten at 2005-04-21 22:59
年を取ると悪い意味での我儘な人が増えますからね~。田舎は世間が狭いし、そうゆうのは困りますね。話し合いを持とうともしない人もいるし。
Commented by つきの虫 at 2005-04-21 23:12 x
みなさん、ありがとう。
みなさんの応援を、オヤジ、オフクロに伝えます。
Commented by misakifarm at 2005-04-22 00:02
がんばれ じいちゃん!
Commented by tyawanya at 2005-04-22 01:21
遅ればせながら

フレーッ!フレーッ!

立杭焼きでも、昔からやってる登り窯や穴窯の上に家を建てて、
煙が困るとクレームつけて止めさせる時代です。

是非三窯並立期待してます。

Commented by yaduki-sion at 2005-04-22 02:06
フレーッ!フレーッ!
初めまして也月と申します。
リンク貼らせていただきました。

確かに世知辛い世の中ですね;;
やっぱりこれは移築です!!
鹿児島、遠いけど応援してます。

じいちゃん、がんばれーー!!
Commented by 神戸の茶碗屋 at 2005-04-22 02:40 x
コメントありがとうございます。
歳が近いから親の歳も近い、うちのは74ですが、僕よりおしゃれで若い。
ずっと大阪の都市暮らしで、化粧品の開発やっていたから
おしゃれに敏感。
でも、この年齢の人は物の無い時代に育ってるから
何でも造ろうとしてくれます。
教室用の作品棚は親父の傑作です。
子供の3段ベッドも、孫と一緒に造りました。
夏休みの宿題にしたかったけど、持っていけなくてあきらめました。
その後、しばらく、子供たちは将来大工さんになりたいと言ってました。

下のコメントは冗談で、灰のアルカリには気をつけてくださいよ。
以前ポットミルの灰を素手でおこしていて指先全部に穴あいたことあります。
<< タケンコ 腕が真っ赤! >>