鹿児島の御茶碗屋つきの虫の毎日のお仕事

井上源土


仲間との楽しい時間を終えた帰り道

嘉例川駅

小さな作品展に出会いました

井上源土
「ボクがボクであるために」
c0015544_17401025.jpg
c0015544_17403156.jpg

その場で木版画をすって
名刺代わりに配っていました
c0015544_17405756.jpg


この駅は
とっても心地よい風がふきます

ボクもこの駅で
展示会をやりたいなぁ

・・・

ところで
陶芸家なら
木版を陶版に変えて版画を作ったら
おもしろい、かもね
( ̄へ ̄|||) ウーム
やってみよう!!
[PR]

by tukinomusi | 2009-11-06 18:11 | たわいの無い話 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://tukinomusi.exblog.jp/tb/12867759
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by shikikobo at 2009-11-06 20:52
へぇー、昨日の帰り ここに寄ったんだー^^

なんだかゆったり時間が流れているようですね。
ここの感じ、虫太郎ちゃんの作品にぴったりくる気がします。
是非 実現させてください。私も応援に行きます!

飲み会 楽しかったね、笑った笑った^^
Commented by 虫太郎 at 2009-11-07 17:36 x
>シキコさん
でしょ、この嘉例川駅には、時々立ち寄ります。
ほんと、何も無いところですよ。
でもね、なんか心地良いのです。

フェスタで大盛り上がりしようね!!!
<< 巨匠の集まり? お祝い >>